2012年09月27日

ウコンの効果とサプリメントについて

サプリメントで病気にならない体づくりに取り組む人が増えていますが、中でもウコンが関心を集めています。具体的にはどのような効果があるのでしょうか。最も有名なウコンのサプリメント効果は、肝障害を改善することでしょう。ウコンを配合した健康ドリンクを二日酔いの解消に効果があるサプリメントとして紹介しているテレビもあります。胆汁の分泌を促進すると言われているため、肝機能アップも期待できるのです。肝臓が分泌する消化液である胆汁も増やします。肝臓の働きを助けてくれるウコンのサプリメントの効果です。油脂を多く使った油ものや肉類のつまみが、酒の席ではよく登場するものです。胆汁はそんな脂肪分を効率的に消化し、そのことによって体にかかる負担を軽減する効果ができるでしょう。有毒な成分を体の外に出す機能も肝臓は担っており、とても重要な臓器といえます。ウコンの持つ健康効果に、酸化を抑止す作用があります。効果はビタミンEと同じくらいとも言われており、年齢を重ねた方やたばこを吸う方には嬉しい効果です。前立腺や大腸・皮膚・肺などで発生するガンに対して、ウコンでセーブできることが動物実験で報告されています。ウコンとはショウガ科の多年草で種類が複数あり、いずれのウコンかでも効果には差があるようです。お酒に弱く、ウコンによって肝汁の分泌を促進したり二日酔いからの速やかな回復を期待するなら、秋ウコンを使いましょう。内臓の働きを良くして健康になりたい人は春ウコンが合っています。ダイエット効果を期待する場合や体内の毒素排出、コレステロールが気になるという場合は紫ウコンのサプリメントが適切です。ウコンそれぞれに特徴があるので、上手にサプリメントを利用して健康な体を手に入れましょう。
posted by きむたこ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウコンのサプリメントで健康になろう

ウコンを配合した健康ドリンクのTVコマーシャルがよく流れるようになり、ウコンサプリメントの知名度も広がりつつあります。これから新年会のシーズンになります。飲みすぎて二日酔いに困る前に、ウコンのサプリメントを利用してはいかがでしょうか。ウコンという物質についての知識はまだ一般的ではないようです。ショウガ科の植物であるウコンは、根茎を利用する多年草植物で、寒冷地では自生していません。日本以外にも様々なウコンが生えており、色々な形で利用されているようです。日本で自生しているのは沖縄と鹿児島の一部分です。ウコンを用いたお茶や料理を沖縄では古くから利用しています。沖縄は長命の人が多い県として有名ですが、これはウコンの影響が大きいのではないかという説もあります。日本では春ウコン、秋ウコン、紫ウコンという3種類のウコンが主流で、サプリメントなどに利用されています。地下に大きな根茎があり、長楕円形の葉が出るという点では一致していますが、春ウコンと紫ウコンは違う植物とされています。秋ウコンは別種のウコンと比較するとクルクミンという成分が多く、サプリメントなどてよく使われているウコンがこれです。沖縄ではウコンのことをウッチンといい、中国ではキョウオウといいます。インド料理定番のターメリックもウコンのことです。昔から親しまれてきたウコンですが、生で手に入れるのは難しく、香りなどクセがあって毎日食べるのは大変です。サプリメントの利点は手軽に摂取できることや携行に便利なことです。体にいいウコンを上手に活用したいなら、サプリメントを使うといいでしょう。
posted by きむたこ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬とサプリメントの注意点

薬とサプリメントの注意点についてです。サプリメントを飲む量や扱いはアバウトで、医薬品になると途端に分量や時間や食事時間との兼ね合いを気にするという人もいるようです。1度に大量のサプリメントを取り入れたり、飲み方に問題があれば、食品として扱われているサプリメントでも体に不都合が出ることがあります。近年では、大豆イソフラボンサプリメントで起きた悪影響という事例も存在します。女性ホルモンと作用が近いという大豆ホルモンは、更年期障害や骨粗しょう症などにいいと言われ、多くのサプリメントが出ています。大豆イソフラボンをサプリメントで飲む場合は、一日に25mlまでといわれています。25ml以上の量を、摂取し続けると乳がんなどが発生しやすくなるといわれているからです。1日に摂取する分量が明確に決まっていないというサプリメントもあるようです。サプリメントによっては、過剰摂取についての警告等が全くないものや、総分量や一粒当たりの含有量がきちんと書かれていないような、中途半端なサプリメントもあります。近年は、様々なサプリメントや薬の情報がテレビや雑誌で出回っています。サプリメントや薬を扱う時は、一カ所だけの情報をそのまま取り入れるのではなく、多方面にわたって情報を収集してみてください。サプリメントや薬を使う時は、適切な知識に基づいた正しい扱いが大事です。
posted by きむたこ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラキド酸の含まれた食品とサプリメント

サプリメントでのアラキド酸摂取はとてもいい方法です。アラキド酸は人体では脳の内部に多い成分だと言われていますが、体の各処にも含まれています。年齢と共に体内のアラキド酸は少しずつ減っていきます。そのため、食事メニューの工夫やサプリメントの活用でアラキド酸を常に摂取しつづけることが大事です。食べ物からアラキド酸を取り入れるためには、アラキド酸を豊富に含む牛や豚のレバー、卵、脂身の乗った豚もも肉や鶏もも肉と鶏皮を使ってください。成人にとってのコレステロール値が気になる食材に多く含まれている傾向があります。アラキド酸サプリメントの利用を選択するのも一つの方法ではないでしょうか。アラキド酸の一日の必要量は200mgとされ、例えば卵だと全卵3個分に相当します。コレステロール値を上げすぎないためにも、卵の摂取量はやはり1日1個程度にしたいものです。天然の食材だけでアラキド酸を取り入れつつ栄養の偏りもなくすというのは難事業です。油脂の過剰な食事になってしまっては、高齢者にとってはあまりいい食事とはいえないかもしれません。アラキド酸を毎日補給しつつ、栄養バランスも良くしたいなら、アラキド酸サプリメントが重要になってきます。アラキド酸サプリメントはDHAも含まれている商品が多いようです。店頭にも色々なアラキド酸サプリメントがありますが、インターネットで検索をかけると様々な種類のアラキド酸サプリメントが探せます。
posted by きむたこ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラキド酸サプリメントとは

アラキド酸のサプリメントが関心を集めています。アラキド酸とは、人間の脳の健やかな成長に重要な役割を持つと言われている栄養素です。サプリメントでアラキド酸を摂取すれば、体内で作られる有限のアラキドさんにプラスすることができるといいます。アラキド酸の効果は、脳についての研究を進める過程で明らかになったものです。実際に母乳だけで育った赤ちゃんと、母乳にアラキド酸とDHAを加えて与えた赤ちゃんの脳の発達を比較しました。141人の新生児を比較したところ、母乳で育った子どもと、母乳に加えてアラキド酸とDHAを摂取していた子どもとでは、後者の方が認知における発達が進んでいたと言われています。アラキド酸やDHAは母乳にもある程度は入っているので、その量を底上げすることにより、脳の発達が進んだということが明らかになりました。赤ちゃん用の粉ミルクの大半は、新生児の発達を助けるためにアラキド酸とDHAを加えています。日本国内の高齢者の占める割合は増加の一途で、高齢化や認知症介護、老人へのケアの問題が着目されています。何歳になっても年を感じさせない肉体や頭の回転を維持したいという方の間で、アラキド酸サプリメントの存在は強い関心を持たれているようです。アラキド酸は毎日補給する必要がある必須脂肪酸です。注意点としては過剰摂取があります。サプリメントならアラキド酸の摂取量がコントロールしやすく、長続きも容易なことでしょう。
posted by きむたこ at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。