2012年09月27日

コスメサプリメントといえばコエンザイムQ10

コスメサプリメントのαリポ酸は、体内の中にある糖分とタンパク質の結合を防ぐ働きがあります。たんぱく質と糖分が過度に結びつかないために、糖分は脳細胞で効果的に用いられ、疲労回復にも効果を発揮します。血糖値が気になる方にもαリボ酸はお勧めしたい成分であり、アルツハイマーや心臓疾患などの症状にもいいとされています。数年前に全国各地で大幅な売り上げをあげたのが、コエンザイムQ10を主成分とするコスメサプリメントです。コスメサプリメントには欠かせない酸化の防止効果も十分に気体できます。コエンザイムQ10は、ビタミンCのように体内の酸素分子の活動を抑制することが可能です。細胞の働きを活発にする効果も期待できる上、細胞を内側から強化して守り、エネルギーが届くようにします。コエンザイムQ10は人間の体内のすべての細胞にい存在していますが、30代の半ば頃からどんどん減少していきます。コエンザイムQ10の体内量の減少に伴い、皮膚の老化も進行してシミやシワが目につくようになります。年と共に欠乏しがちなコエンザイムQ10のコスメサプリメントで補い、細胞の結合を補強することで若々しい肌を保ちたいものです。コエンザイムQ10は人体に一定量存在していますので、副作用などの心配がないのも嬉しいところです。老化防止のためにも、コスメサプリメントを上手に活用してください。
posted by きむたこ at 21:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

エイジングケアに役立つビタミンB群のサプリメント

美容にいいサプリメントやスキンケア用品が、エイジングケアの代表格と考える方もいます。けれども、コラーゲンやヒアルロン酸で肌に水分を補っても、ビタミンCが足りなければエイジングケアとしては不十分です。ビタミンC不足がシミを招いてしまうこともあります。ビタミンCはエイジングケアに欠かせないサプリメントの1つです。他にもエイジングケアのために摂取したいサプリメントがあります。ビタミンB群です。ビタミンB群が欠乏していると肌の状態に直結します。疲労が蓄積されると肌のコンディションが良くないということは多くの女性の知るところですが、それにはビタミンB群が関わっています。ビタミンBが体内に欠乏気味になると、エネルギーの代謝効率が悪くなって肌のコンディションに影響が出ます。ビタミンB2が体内で少ないと、皮脂の分泌のバランスに影響が出て、毛穴のトラブルやにきびなどができやすくなってしまうと言われているようです。順調にいけばエネルギーとして消費されるはずの脂質が、ビタミンB2不足からうまく消費されず、肌トラブルに転化されてしまうわけです。肌荒れの原因もビタミンB2の不足が考えられます。ビタミンB2が不足することで、お肌のターンオーバーが異常に早まり、未熟な肌細胞が角質層を作ってしまいます。また、ビタミンB6やヒオチンが十分でないと肌の代謝が悪くなり、古い皮膚がいつまでも留まって皮膚炎や湿疹の原因になってしまうと言われています。これらの栄養素が不足すると、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドの生成機能が低下して肌の保湿力や防衛機能が悪くなってしまいます。エイジングケアにはビタミンB群のサプリメントも摂取すると効果的だということです。さまざまなサプリメントを上手に活用してエイジングケアを始めましょう。
posted by きむたこ at 21:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

エイジングケアに効果的なビタミンCサプリメント

年を重ねても若々しさを維持できるように、エイジングケアに効果のあるサプリメントを活用しましょう。エイジングケアという言葉から真っ先に連想するのが肌の年齢効果かもしれません。年を取っても潤いのある若々しい肌を保つには、コラーゲンやヒアルロン酸入りの商品が知られています。ただし、エイジングケアとは美肌や皮膚の保湿だけで済む話ではありません。お肌の他にも、体の内部からの若返りを実践することが、長期的なエイジングケアになると考えられています。ビタミンCのサプリメントは、体に必要な成分でありながら欠乏しやすく女性に求められる成分です。ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、体の中に長い時間貯蔵する事が出来ないためです。サプリメントは持ち運びに便利で定期的な摂取に適しています、エイジングケアに大事な役割を果たすビタミンCは常時補給したいものです。数々の健康効果があるビタミンCですが、どんなメリットがあるでしょう。ビタミンCの作用として代表的なものはストレス緩和です。人の体には、ストレスがかかった時にこ抗ストレスホルモンを出す効果があります。ストレスがかかってもエネルギーが体に行き渡るよう、血圧を調節したり、血糖値を上昇させたりしてくれます。ビタミンCは、ストレスに反応して分泌される抗ストレスホルモンの生成に関わる成分であり、ストレスが強くなるほどビタミンCがたくさん必要です。ストレスが蓄積されると活性酸素が増え、臓器や肌へ影響を及ぼします。一方で、ビタミンCの使い道はまず心臓や脳など重要な臓器に届けられるため、皮膚は後回しになりがちです。血液中のメラニン刺激ホルモンも多量に発生し、メラノサイトを活性化させ、お肌にシミが出来やすくなります。ストレスはお肌の大敵といいます。これはこのような理由からきた言葉なのです。食事やサプリメントでビタミンCを補充しておかなければ、エイジングケアに効果があるコラーゲンが真皮層で生成されづらくなり、肌の若さを維持することが難しくなってしまいます。
posted by きむたこ at 21:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

サプリメントでエイジングケア

エイジングケアのためにサプリメントを使うという方法があります。エイジングケアという単語を聞いても、まだまだ早いとか、もっと年を取ってからという印象を抱いている人も多いようです。年齢効果とは、一定ラインを越えると急に出てくるというわけではありません。肌の老化とは、気づかないままに溜め込まれていたものが押さえきれなくなって一気に表出することで気づくというものです。毎日のケアがとても大切になります。サプリメントを毎日の生活に取り入れてはいかがでしょうか。スキンケア用品を使っての肌のケアが、エイジングケアの唯一の方法と思っている人もいます。体内からのエイジングケアとしてサプリメントを摂取することも見逃せません。年を取る前のエイジングケアなら、若さのある肌をいつまでも持ち続けることを目指しましょう。加齢にともない、肌に元気がなくなり代謝が低下してくると、体内の活性酸素を除去する機能も低下してしまいます。代謝の低下した状態になってしまうと、美肌によいとされるコラーゲンやヒアルロン酸だけを一生懸命摂取したとしてもなかなか効果は上がりません。化粧品はヒアルロン酸やコラーゲン配合のものを選び、サプリメントでエイジングケアをしながら体の内外から若返りましょう。サプリメントで自分の本来持っているエイジングケア力を上げてあげましょう。エイジングケアに必要なサプリメントを上手に活用しましょう。
posted by きむたこ at 21:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ウコンサプリメント利用する時に注意したいこと

ウコンのサプリメントには肝臓を助ける効果やダイエット、毒素排泄などさまざまな健康に役立つ効果があります。ドラッグストアだけでなくコンビニやスーパーでもウコンのサプリメントは販売され、ウコンドリンクのコマーシャルも人気です。ウコンのサプリメントを身近に感じている方も多いことでしょう。愛用している方も少なくありません。天然の物質として色々な人がウコンを愛用していますが、果たして副作用の危険性などはないのでしょうか。ウコンとは熱帯アジア原産のショウガ科の多年草です。ウコンは、インドでは香辛料としてカレーなどに入れて摂取しています。副作用があるような薬扱いをされていなかった植物なわけですから、食品のような感覚で扱えるのかもしれません。ウコンのアレルギーがあるという人や、ウコンを摂ると下痢をしやすいという方も存在はするようです。注意すべきことは、サプリメントの形で摂取していると、つい大量のウコンを取り入れてしまいやすいという点です。ウコンのサプリメントの利用を考えている人で医師から処方されている薬がある人や妊娠中や授乳中の人、肝臓の機能に問題がある人は主治医に相談をしてください。ウコンサプリメントを活用して、今後の健康増進に役立てていってください。特に問題のない方もサプリメントの用量・用法を正く守って、サプリメントを上手に活用しましょう。
posted by きむたこ at 21:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。