2012年09月27日

エイジングケアに役立つビタミンB群のサプリメント

美容にいいサプリメントやスキンケア用品が、エイジングケアの代表格と考える方もいます。けれども、コラーゲンやヒアルロン酸で肌に水分を補っても、ビタミンCが足りなければエイジングケアとしては不十分です。ビタミンC不足がシミを招いてしまうこともあります。ビタミンCはエイジングケアに欠かせないサプリメントの1つです。他にもエイジングケアのために摂取したいサプリメントがあります。ビタミンB群です。ビタミンB群が欠乏していると肌の状態に直結します。疲労が蓄積されると肌のコンディションが良くないということは多くの女性の知るところですが、それにはビタミンB群が関わっています。ビタミンBが体内に欠乏気味になると、エネルギーの代謝効率が悪くなって肌のコンディションに影響が出ます。ビタミンB2が体内で少ないと、皮脂の分泌のバランスに影響が出て、毛穴のトラブルやにきびなどができやすくなってしまうと言われているようです。順調にいけばエネルギーとして消費されるはずの脂質が、ビタミンB2不足からうまく消費されず、肌トラブルに転化されてしまうわけです。肌荒れの原因もビタミンB2の不足が考えられます。ビタミンB2が不足することで、お肌のターンオーバーが異常に早まり、未熟な肌細胞が角質層を作ってしまいます。また、ビタミンB6やヒオチンが十分でないと肌の代謝が悪くなり、古い皮膚がいつまでも留まって皮膚炎や湿疹の原因になってしまうと言われています。これらの栄養素が不足すると、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドの生成機能が低下して肌の保湿力や防衛機能が悪くなってしまいます。エイジングケアにはビタミンB群のサプリメントも摂取すると効果的だということです。さまざまなサプリメントを上手に活用してエイジングケアを始めましょう。
posted by きむたこ at 21:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。